北海道函館の市電で1日楽しめるおすすめの観光スポットを紹介!【体験談あり】

北海道

道外の方に北海道に旅行すらなら?と、聞くと半分以上の方から「函館」と出てきます。季節関係なく、本当に大人気の観光地です!

人気の理由は、夜景や五稜郭、海鮮などいろいろあると思います。そんなお楽しみがギュッとつまってる函館ですが、市電が走っているのはご存知でしょうか?

そして、函館市内はだいたい市電で移動出来ちゃうんですよ!実際に、2018年6月に函館に2泊3日旅行をしたことがあるんですけど、そのときに市電だけで、いろいろ周って遊んできました。

その体験談含めて、函館の市電の魅力をお伝えしようかと思います!そして、おすすめの観光スポットも紹介しちゃいます。

北海道函館の市電で1日楽しめる?

ひまわり
ひまわり

市電って、路面電車だよね?

路面電車の路線がたくさんあるってことなのかな?

東京みたいに、いろんな路線があるわけじゃないんです。路線は、2種類しかありません。だけど、市内に路線がながーく続いているので函館市内は、ほとんど市電で移動出来ちゃいます。

2種類の路線の違い

  • 2系統路線:湯の川と谷地頭を往復している
  • 5系統路線:湯の川と函館どつく前を往復している

違いはこれだけです。ほぼ、電停は共通していて途中からどつく前方面にいくか、谷地頭方面へ行くか。この違いだけです。

函館駅・五稜郭・港の金森赤レンガ倉庫・函館山など、有名な観光地は路面電車の市電で行けちゃいます。実際には、市電の電停を降りてから少し歩きますけど、ね。

さくら
さくら

あ、湯の川温泉も行けます!日帰り温泉で行ってきました~

路線図見て貰うと(ちょっと見づらいかも~。ごめんなさい。)、終点駅の1つ手前に湯の川温泉があるのを見つけて、日帰り温泉で行ってみよう!とチャレンジしました!この話はまた別の機会にご紹介しますね。

そして、函館の市電の素敵なところは、1日乗り放題・2日乗り放題のチケットやカードがあるところです!それを買ってしまえば、何回乗り降りしてもお金を支払う心配もなくなります!

降りるときに、運転手さんに見せるだけでOK!!なので、楽ちんです。カードは磁気がついてるタイプなので機械に通すだけだし、チケット(紙タイプ)だと購入した日付をポールペンかサインペンではっきり書いてそれを見せるだけです。

さくら
さくら

簡単でしょ?マップももらえるので、安心・楽ちんでおすすめ!

ただ、乗るときに整理券を取らないとだめなので、そこは忘れないようにしてくださいね~。

あと、ちょっとだけ注意してほしいかなって思うのは、チケットでもカードでも無くさないようにしてくださいね!私はチケットタイプを買ったのですが、移動中に落としてしまって1日に2回買う事になりましたから・・・。

この乗り放題チケットは、市電の運転手さんに言えば、すぐに買えます。しかも、優しく使い方まで教えてくれますよ。

先に買わなくていいというところも、安心できますよね~。

ひまわり
ひまわり

使い方教えてくれるのも、すっごく優しいと思う。

函館の方はみなさん、優しい方が多いです。土地柄なんでしょうかね?ちょっと風情のあるというか、近代昭和って感じの街中を路面電車が走っている感じも含めて、ほんわかした街だなって思いました。

乗り放題チケット料金

  • 1日乗り放題:大人600円/子供300円

この市電乗り放題以外にもバス乗り放題チケットもあります。

  • 1日乗り放題:大人800円/子供400円

市電+バス乗り放題 最強チケット

  • 1日乗り放題:大人1000円/子供500円
  • 2日乗り放題:大人1700円/子供850円

これで、函館市内をマルっと観光できちゃいますね。私は市電乗り放題のみでしたが、バスもセットにしたら、本当に移動が楽ちんかも。しかも、料金もお手頃だと思いますよ~。

函館は意外と横に長いので移動が大変だったり、慣れない土地で車移動するのも心配だと思うので、利用できるものは使っちゃいましょう~。

ちなみに、箱館ハイカラ号という電車もあるのでレトロ好きな方にはおすすめですよ。

北海道函館の市電観光コース① 金森赤レンガ倉庫

函館に来たら、お買い物やお食事で立ち寄る方も多いかもしれませんね。横浜とはちょっと違うけど、港前に赤レンガ倉庫がずらーっと並んでいるのがレトロで可愛い。

そして、その赤レンガ倉庫は中で繋がっているので倉庫に入ってから流れるように、海鮮からスイーツまでお買いものが出来ちゃいます。お土産を買うのにピッタリですね~。

金森赤レンガ倉庫や末広町などは、こちらを見ていただくとわかりやすいと思います。興味のある方は、こちらもどうぞ。

さよならくちびるのロケ地・撮影場所は函館のどこ?場所を詳しく紹介!
映画「さよならくちびる」が2019年夏に公開されることになりました。若手俳優で人気の小松奈菜や門脇麦などキャストが豪華というのもありますが、主題歌でも話題になっている映画ですね! すでに撮影は終...

市電で金森赤レンガ倉庫まで行くルート情報

利用する電停は、2種類あります。

  • 十字街
  • 末広町

このどちらかで降りるとたどり着けますよ~。

十字街駅は、2系統・5系統どちらも駅があって、最後の共通駅ですね。なので、末広町駅で降りる場合は、函館どつく前方面の5系統に乗らないといけません。観光したい場所によって、使い分けるといいかも~ですね。

そして、この画像を見てわかるように函館山の近くまで市電が走っているんです。十字街駅で降りて、函館山まで観光&散策&グルメを楽しみながら行くことも出来ちゃいます。

函館山のアクセス方法や展望台の楽しみ方などは、こちらに詳しく書いてあります。夜景を楽しみにしている方は、ぜひ見てくださいね。

北海道函館山の夜景を見よう!アクセス方法や展望台の料金・待ち時間も公開
函館に旅行に行くとしたら、やっぱり見ておきたいのは夜景ではないですか?北海道の中でも観光地としてかなり有名な函館山の夜景は、道産子のお墨付き! でも、実際に函館で夜景を見ようと思ってもどうやって...

北海道函館の市電観光コース② 海鮮丼の朝市

函館の海鮮、朝市を楽しみにしている方にも市電をおすすめしたいです。有名な朝市は函館駅前にあるからです。

路線図にもあるように、函館駅前の電停があります。そこで降りてから2~3分くらい歩いたら、すぐについちゃいますよ。

そして、朝市は海鮮系のお土産にもよく使われますが、やっぱり函館の朝市といえば海鮮丼目当てという方も多いでしょう。函館駅まえでは、買い物が出来るエリアとお食事エリアという感じで分けてくれています。

  1. 塩干市場エリア:干物系のお店が多い場所。
  2. 函館朝市ひろば:海鮮以外にも野菜や果物までそろっている。朝市の原点。
  3. えきに市場:ちょうど中間エリアにあって、イカ釣り体験やBBQコーナーもある。
  4. どんぶり横丁市場:海鮮丼をメインにしているお食事エリア。

こんな感じでくっきりはっきり、分けてくれるので用途に合わせてエリアを変えるっていう感じです。

最初はちょっと慣れるまで、こんがらがっちゃうかも~ですけど、結構わかりやすくエリア分けしているのですぐ覚えちゃうと思います。

函館駅前の朝市 海鮮丼のおすすめ店

私と友達は、駅前の朝市で海鮮丼を2日連続で満喫しましたよ~。そして、初日に入ったお店が大当たり!知っている方もいるかもしれませんね。函館出身の芸能人も来たことがあるらしいです。

海鮮丼おすすめのお店 茶夢(ちゃむ)

ここのお店は、どんぶり横丁市場にあります。このお店の前だけ行列が出来るかなりの人気店です。このお店を選んだのは友達です。

さくら
さくら

何やら、ピーンと来たらしいです。直感で決めてくれたんですけど、すごい良かったです。

その良かったと思える理由は、新鮮な海鮮。だけではないんです!店員さんの対応も易しくて気遣いもあるし、海鮮丼が出来るまでの間にお通しみたいな、お漬物や煮物がちょこちょこと出てきます。

もう、これと白米があればいいかなっていうくらい。10種類くらいはあったと思います。家庭料理の味も楽しめるのもほっこり出来て嬉しい。

そして、イカは漁師さんが採れたてを直接持ってきてくれるんですよ!!私たちが行った日はイカ漁が遅れていたらしく、朝7時オープンからイカが来るのを待ってるお客さんが数人いました。

そして、ラッキーなことに本当に漁師さんが「遅れてすまん!採れたぞ~!!」って走って持ってきてくれたので、超新鮮なイカそうめんを食べることが出来ました!あと知ったんですけど、道外の方でもリピーターが多いみたいです。

函館の朝市は駅前だけじゃない!

でも、函館駅前の朝市以外にもおすすめ朝市があるんです。地元函館の方御用達って感じのザ・市場みたいな雰囲気みたいですけど、お食事出来るお店もあるし新鮮な海鮮(干物やホタテ・松前漬けなど)もばっちり買えちゃいます。

その場所は、新川町というところにあります。なんと!!新川町と電停があるので、市電を降りたら目の前!っていうくらい近い場所にあるんです。

ただ、日曜日はお休みみたいなので、そこはご注意!!そして、入り口は裏通りにあります。そこもご注意ください。

さくら
さくら

私と友達は入り口を探すのに10分くらいかかりました・・・。

北海道函館の市電観光コース③ 五稜郭

五稜郭は、歴史が好きな方なら何度行っても楽しめるとおもいます。それに、「北海道は遠い~」とよく聞くので、行きたいけど行けないという方も多いかもしれませんね。

実際、同じ北海道に住んでいても住んでいる地域によっては移動で半日以上かかる場所もあるので、道民でもハードル高めの場所でもあります。だから、道外の方の気持ちは少しわかりますよ~。

そんな人気のある五稜郭も市電で行けちゃいます。(本当はもっと近くまで行けるバスもありますけどね。)五稜郭公園前という電停があるんです。

ひまわり
ひまわり

なんとわかりやすい!

よほど、ぼぉーっとしてない限り乗り過ごしちゃうことなくていいね~

さくら
さくら

まあ、乗り過ごしても次の駅で降りても行けるくらいの距離だから、安心だよ~

五稜郭については、また詳しくおすすめ観光コースを書いちゃおうかなって思っているので、お楽しみにしていてくださいね。

まとめ

  • 函館は市電でほとんど観光が出来る。
  • 路線は2種類あるが、電停はほぼ共通している。
  • 乗り放題をつかえば1日思いっきり観光しても移動が安心。

函館は、春はGW期間中に桜のお花見で人気ありますし、夏~秋は夜景や海鮮、冬は函館市内のイルミネーションを含めて夜景が人気で、本当に季節関係なく楽しめる街です。

市内に観光地があるというのが、ポイント高い!だからこそ、市電を使っていろんな観光名所を巡って堪能していただきたいですね~。函館も駅前だけじゃなくて、駅から少し離れただけで、お手頃なホテルもたくさんあるのでぜひ市電を乗りこなして函館通になってください。

北海道
スポンサーリンク
さくらのフォローもよろしくお願いします。
スポンサーリンク
さくらの羽根

コメント