さくらの羽根オリジナル企画 新さっぽろ「カラオケピロス特集!」
【新型コロナウイルス感染症に伴う重要情報】

新型コロナ対策についてまとめています。

現在、緊急事態宣言は解除となっておりますが、北海道独自の政策として5/31までは外出自粛・札幌市への往来自粛などを徹底しております。

道内外の皆様にはご理解・ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

「北海道 新型コロナ対策について」
【道北エリア】 旭川・美瑛(上川地方)

【ひがしかわ氷まつり】2020年の日程とイベント内容を公開!

【道北エリア】

北海道の真ん中よりすこーし上にある、上川郡東川町という町をご存じでしょうか?

実は、北海道でいっちばん最初に始まるお祭りを開催してくれている町なんです。一番早いってどのくらい?って思いますよね?

新年迎えた1月!

この真冬の北海道で「ひがしかわ氷まつり」というイベントを開催しています。

札幌の雪まつりのようなイメージを思い浮かべるかもしれませんが、札幌のような都会では出来ない豪快なアトラクションもあるイベントです!

日程からイベント内容。そして、アクセス方法。

さらに、服装の準備・対策なんかもお伝えしちゃいますよ~♪

スポンサーリンク

【ひがしかわ氷まつり】2020年の日程は?

【2020年の予定】

開催日:1/18(土)・1/19(日)

時間:17:00~22:00

たんぽぽ
たんぽぽ

雪まつりじゃなくて、氷なんだね~♪

ひまわり
ひまわり

あ、たしかに!!

さくら
さくら

氷像がね、昼は太陽の光でキラキラ~♪

夜はライトアップでキラキラ~♪

北海道の中でも比較的、早い時期に始まる「氷のお祭り」です!

ひがしかわ氷まつりが始まると、次々に各地で冬のイベントが始まります。この氷まつりが、冬イベントのトップバッターになってくれています。

たんぽぽ
たんぽぽ

そうなんだ~♪

ひまわり
ひまわり

それで、どんなイベントなの?

氷像とやらがあるだけ?・・・では、ないよね??

もちろんです!!!

氷像を見て周るだけのイベントではありません!参加型のコンテストもあれば、花火もあがっちゃうけっこう大きいイベントなんですよ~。

子供たちも楽しめるようなアトラクションもあるので、家族みんなで楽しめると思います。

せっかくなので、イベント内容を詳しくご説明しちゃいましょう!

スポンサーリンク

【ひがしかわ氷まつり】イベント内容を公開!

【イベント内容】

  • 氷像コンテスト
  • 一般参加出来る雪像作り
  • 巨大なすべり台
  • 氷を使った体験コーナー
  • 寒い体を温めてくれる屋台
  • 初日に打ち上げ花火

ちなみに、2019年のイベントはこんな感じでした!

氷像&雪像コンテスト

氷彫刻会主催で、氷像や雪像のコンテストが行われるそうです!

ちなみに、コンテストなので優秀な作品には賞状と副賞がもらえるそうです。毎年参加している地元の方もいるようで、作品はかなりの力作ぞろいです!!

過去展示された氷像はこちら

View this post on Instagram

#hokkaidou#北海道#東川#ひがしかわ氷まつり

A post shared by masahiro yasuno (@masahiro.yasuno) on

たんぽぽ
たんぽぽ

すごーーーーーい!

たしかに、力作だね!!

ひまわり
ひまわり

1枚目、すごい細かくて綺麗~♪♪

過去展示された雪像はこちら

たんぽぽ
たんぽぽ

これ、地元の学生さん達??

さくら
さくら

そうだよ~。

毎年、参加してるみたいだね。

ひまわり
ひまわり

地元の人が積極的に参加してるお祭りって、雰囲気いいよね~♪

なんか、あったかい地元愛?みたいな??

氷像と雪像がライトアップ

たんぽぽ
たんぽぽ

うわぁ~♪

思っていた以上にカラフル~♪

ひまわり
ひまわり

氷だから、余計に映えるんだね!

さくら
さくら

そうそう!

だから、インスタ映えもばっちりよ!!!(どやっ)

巨大なすべり台

会場には、広い敷地を利用して作られた巨大なすべり台が作られています。

その大きさに子供たちは、大はしゃぎ!大人気のアトラクションとなっています。

もちろん、大人もOKです!!
小さなお子様を抱えてパパさんやママさんも一緒に楽しめますよ~♪


引用先:一般社団法人ひがしかわ観光協会公式Facebook

氷を使った体験コーナー

アイスグラス(氷のグラス)を作る体験が出来るコーナーです。

出来上がったグラスは、会場に並べられて夜になるとライトアップされます。氷が照らされて綺麗なのはもちろんですが、ふんわり光る灯りに癒されます。

寒い体を温めてくれる屋台

北海道の1月、真冬のイベントですから気温はかなり低いです。昼間でも、冷えてくる事があると思います。

そんな冷えた体を温めて、ほっと一息つかせてくれる屋台があります。

北海道の定番グルメである、ラーメンはもちろん、カレーやクラムチャウダーなどメニューも豊富。温かくてほっこり出来るメニューは、心も癒してくれると思います!

たんぽぽ
たんぽぽ

クラムチャウダー!!

私、それにする♪

ひまわり
ひまわり

えー、やっぱラーメンじゃない?

北海道と言えばラーメンでしょー!!

さくら
さくら

寒い時に食べるラーメンって美味しいよね~♪

旭川に近いので、もしかしたら旭川ラーメンが食べられるかも?です。

他にも、温まるメニューはたくさんあるので楽しみにしてください!

初日に打ち上げ花火

毎年、初日の夜。19時ころから、打ち上げ花火を上げているそうです。

真冬に上がる花火は、本当に凜として華やかです!

スポンサーリンク

【ひがしかわ氷まつり】開催場所はどこ?

会場:東川町羽衣公園

〒071-1423 北海道上川郡(かみかわぐん)東川町東町1丁目15

開催場所の東川町ってどこ?

ちょっとわかりにくいので、少しだけ拡大してみました!

拡大してみると札幌からはかなり遠いのはもちろんですが、近くに見えた旭川市もちょっと離れています。しかも、上川駅もあるのですが旭川駅の方が近い!!

これが、北海道マジックです!

 

スポンサーリンク

【ひがしかわ氷まつり】会場までのアクセス方法!

今回は、一番近い旭川のアクセス方法と札幌からのアクセス方法を紹介します。

どちらも一番わかりやすい車でのルートでお伝えしますね!

旭川から車でアクセスする方法

旭川から車で約30分。

道道1160号から東川町方面へ進む。

たんぽぽ
たんぽぽ

旭川からだと、1時間かからないんだね~♪

ひまわり
ひまわり

北海道の距離感、やっぱわからないわ~。

先に教えてもらって良かった!

地図で見る感じと、実際の距離がイメージと違う。

これは、どの地域でもある事だと思います。が、特に北海道はその距離感がいまいちわかりにくいと言われがちですよね。

ちなみに、札幌からだとこんなルートになります。

札幌から車でアクセスする方法

札幌から車で約2時間半。

高速道路を通って、旭川北ICで降りる

東川町方面へ向かって進む

ひまわり
ひまわり

2時間以上はかかっちゃうのね~。

たんぽぽ
たんぽぽ

冬だし、運転なれてる人じゃないと疲れちゃいそうだね・・・。

真冬の北海道の運転は、思ってた以上に滑るとかブレーキのタイミングがわからない。という方もいるみたいですが、高速道路を使えばよほどスピードを出し過ぎたりしない限りは、心配はないと思います。

高速道路を降りるインターチェンジの場所だけ、間違わなければ迷う心配もないかと。

どうしても心配な方のために、バスでのアクセス方法もご紹介しておきましょう!

旭川からバスでアクセスする方法

JR旭川駅から東川町までバスで行くことが出来ます。

【乗車バス乗り場】

  • 60番
  • 62番
  • 66 番( いで湯号)
  • 67番
  • 76番

【停留所】

  • 「東川道草館前」

【料金】

  • 大人580円
  • 子供290円

停留所までは、約30分くらいです。なので、

札幌から向かう方は旭川までJR

旭川からバス

このルートが安全で安心だと思います。小さなお子様がいる家族でのイベント参加だと札幌からの移動は、ちょっと難しい?厳しいかもしれませんね。

なので、宿泊先を旭川にしておくとゆっくり準備も出来て良いかもしれません。

旭川でもイルミネーションイベントが開催されています。

駅を降りてからすぐにシンボルツリーもあって、街全体が華やか!!

各会場ごとにテーマがあるので、色んな雰囲気のイルミネーションを楽しめちゃうので、おすすめです!!

スポンサーリンク

【ひがしかわ氷まつり】会場に着ていく服装は?

1月の極寒、真冬の北海道は完全防備の防寒対策をしておくと安心ですよね。

でも、そうはいっても防寒対策って何を準備したらいいの?と、お悩みの方にこっそり教えちゃいます。これだけ揃えておけば、ばっちりですよ~♪

防寒対策に最低限必要なもの

  • 厚手のコートやダウン
  • 防寒用の帽子
  • マフラー
  • イヤーマフ
  • 手袋
  • マスク
  • ホッカイロ
  • タオル2枚くらい

これだけは、最低限用意しておくといいと思います。

タオルは、お子様の背中に入れてあげると保温効果だけでなく、汗を吸収してくれるので風邪をひいたりする心配も減りますよ~。

この他に、靴下や手袋を1枚ずつ予備として準備しておくとばっちり安心ですね!

あと、小さなお子様は上下つなぎタイプの上着にしておくと、雪が中に入るのを防げておすすめです!

スポンサーリンク

まとめ

  • ひがしかわ氷まつりは、北海道で一番早いお祭り。
  • 氷像と雪像のコンテストがあって、賞状と賞品がもらえる。
  • 氷体験でつくったアイスグラスは、夜にライトアップされてほっこり空間になる。
  • 冷えた時には、体の温まるラーメンやカレーでほっこり。
  • 初日は花火も上がって大盛り上がり!

東川町という町は、道外の方だとあまり聞きなれないかもしれません。

でも、実は旭川や富良野のように自然たっぷりで、観光スポット(特に癒し系)としてはおすすめの町です!

内陸にある町なので、冬は雪も多く寒いのですが・・・。

だからこそ、雪や氷をふんだんに使った「ひがしかわ氷まつり」は北海道で最初に開催する事が出来ます。防寒対策だけは、しっかりと準備して、ぜひ一度遊びにきてくださいね。

《さくらの羽根オリジナル特集》

北海道札幌市厚別区。札幌の副都心とも言われている「新さっぽろ」がおすすめです。その「新さっぽろ」にあるカラオケ屋さん。

カラオケ屋さんなのに、カラオケ屋さんらしくない!とっても楽しい「カラオケピロス」の特集ページです♪

カラオケピロス特集ページ

スポンサーリンク

北海道観光協会公式サイト

道南エリア

道東エリア

コメント