さくらの羽根オリジナル企画 新さっぽろ「カラオケピロス特集!」
【新型コロナウイルス感染症に伴う重要情報】

新型コロナ対策についてまとめています。

現在、緊急事態宣言は解除となっておりますが、北海道独自の政策として5/31までは外出自粛・札幌市への往来自粛などを徹底しております。

道内外の皆様にはご理解・ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

「北海道 新型コロナ対策について」
【道北エリア】 旭川・美瑛(上川地方)

北海道天人峡温泉・羽衣の滝の名前の由来からアクセス方法まで調査!

【道北エリア】

 羽衣の滝は北海道上川郡、天人峡温泉にある滝です。1951年に北海道指定名勝に指定、1991年に「日本の滝百選」に選定されました。

大雪山国立公園にあり、旭川の奥座敷の天人峡温泉が羽衣の滝への入り口です。

7段に屈折しながら落ちる滝の美しさを名前の由来アクセスそして天人峡温泉で宿泊できるホテルとともにご紹介します。

スポンサーリンク

北海道天人峡 羽衣の滝

羽衣の滝は北海道上川郡にある、忠別川の支流アイシポップ沢の双見沢にかかる滝で、旭川から約40㎞程のところにあります。

忠別川は、アイヌ語のチゥ・ペッ「波・川」「波立つ川」という意味があります。ほかにも

  • チュク・ペッ「秋・川」
  • チュプ・ペッ「日・川」

などの説がありますが、旭川は「チュプ・ペッ」が由来になったともいわれています。

7に屈折しながら落下する滝は北海道最大の落差270m(全国2位)を誇り、複雑な水の流れを見ることが出来ます。

たんぽぽ
たんぽぽ

すごい!!270m!!

北海道最大の落差って?!

さくら
さくら

そうよ!

札幌テレビ塔の展望台が90mだから、その3倍の高さから水が落ちてくるのよ。見上げちゃうわよね。

北海道天人峡 羽衣の滝の命名の由来

この滝は明治34年(1901年)に発見されました。大正7年(1918年)著名歌人大町桂月氏により羽衣の滝と命名されました。

さくら
さくら

実はこの羽衣の滝には「天人峡羽衣の滝伝説」が残されているのよ

それが、この命名の由来とも言われているお話しなの。

 

天人峡羽衣の滝伝説

むかーし昔、北海道の天人峡東川という場所にある集落に、とっても心優しいと評判の若者がおりました。

ある日、狩りの修行にでた若者は、山の中で山賊に襲われ大切な狩りの道具を盗まれてしまいます。ものすごくショックを受けた若者は、天人峡にある細い滝のそばをトボトボと歩いておりました。

すると、その細い滝の近くに温泉を発見!!ものすごくショックを受けていた若者は、「温泉にでもつかって帰るか・・・」と入ってみる事にしました。

思った通り、少しずつ元気を取り戻してきたところに、何か声?音?が聞こえてきます。

その声か音かわからない正体とは、若い女性のすすり泣く声でした。泣いていた若い女性は実は、天に帰れなくなっていた天女でした。

若者が天女から、よーく話を聞いてみたところ、なんと!

  • 天女も山賊大切なもの盗まれてしまった。
  • 盗まれたものは、「羽衣」。
  • 「羽衣」がないと天に帰れなくて困って泣いていた。

若者は、自分と同じように大切なものを盗まれた気持ちに共感して、その大切な羽衣を取り返す約束をします。そして、勇気を振り絞り天女のために、山賊たちのいる山へ向かいます。

そして、若者は心優しいだけでなく賢くもありました。ただ取り返すだけではなく、ある作戦をしかけます。

それは、山賊たちの大事にしている「馬」をそっと山に放す!!!

酒に酔っていた山賊たちは、「馬が盗まれたーー!!!」と馬を追いかけて大あわて!!若者はその隙に、山賊の居場所からまんまと天女の羽衣を取り戻す事に成功!

ちゃんと約束どおり、天女に返してあげました。天女はそのお礼に、羽衣をまとい美しい舞を披露しました。

すると・・・

温泉の近くにあった、細い流れの滝が羽衣の形をした大きな滝に姿に大変身!!

その後、天女は若者に泣く泣く別れを告げ・・・天に帰っていきましたとさ。

さくら
さくら

これが「羽衣の滝」といわれるようになったお話です。

 

たんぽぽ
たんぽぽ

わぁ~すてきだね♪ 水しぶきが天女の羽衣みたいってことね。

天女の舞って見てみたかったね~。

さくら
さくら

きっと、優雅な舞だったんでしょうね~♪♪

北海道天人峡 羽衣の滝の滝見台

羽衣の滝の全貌は標高870mの山頂にある滝見台から見ることが出来ます。

滝見台までは天人峡温泉から羽衣の滝を通って、1.5㎞(約90分)ほど歩いていきます。高低差230mと低めですが、急な上り坂もあります。

さくら
さくら

少々きついですが滝見台からの絶景を楽しみに少し頑張って!!!

7段に流れ落ちる絶景を満喫できます。初夏は新緑夏は深緑秋は紅葉と羽衣の滝のコントラストをどの季節も楽しめます。

滝の雄大な水量からの音は、優しい水音であったり、力強い音であったりと、水音のコラボレーションを聞いてみませんか?

たっぷりの水しぶきからのマイナスイオンを浴びて、身も心も癒されます。

さくら
さくら

地元の人々にとっては癒しのスポットとして人気があるし、

快晴の日は旭岳の景色を見ることができるのよ。

たんぽぽ
たんぽぽ

滝からの絶景マイナスイオンの癒しがきつい上り坂のご褒美ってうれしいね。

さくら
さくら

7段に折れ曲がりながら、落ちる滝と木々の美しさも見て欲しいわ

たんぽぽ
たんぽぽ

水しぶきの白さと木々の緑や赤や黄色って、

インスタ映えもバッチリ。

北海道天人峡 羽衣の滝へのアクセス

羽衣の滝へは、天人峡温泉から遊歩道を歩いていきます。

残念ですが、天人峡温泉への公共交通機関は通っていません

旭川駅や旭川空港からレンタカーやタクシーを利用する方法がベストです。

タクシー利用の場合

旭川空港から天人峡温泉まで

  • 距離 約30㎞
  • 料金 約12000円
  • 時間 約45分

旭川駅から天人峡温泉まで

  • 距離 約42㎞
  • 料金 約14000円
  • 時間 約60分

 

レンタカー利用の場合

旭川駅 ⇔ 天人峡温泉

  • 12日レンタル料金 約9000円~30000

車両、車種、利用人数によって、利用金額が変わります。

↓↓レンタカーを予約するならこちら↓↓

さくら
さくら

タクシーもレンタカーも利用時期や交通状況によって、

時間や金額が変わりますので、あくまでも参考にしてくださいね。

天人峡温泉まで来たら、遊歩道を歩きます。15ほどで羽衣の滝に到着です。

遊歩道は整備されていますが、基本的には動きやすい服装履きなれた靴で歩いてください。夏でも木陰や水辺周辺は涼しく感じやすいですので、一枚羽織るものをお持ちくださいね。

滝の全貌を見ることができる滝見台へは、ここから登山道を約1時間ほど歩きます。

本格的な登山ではありませんが、それなりにしっかりとした装備で行くことをおすすめします。

たんぽぽ
たんぽぽ

周りの景色を見ながら歩くって気持ちがいいね

スズラン
スズラン

ゆっくり歩きながら、北海道の大自然の中でリフレッシュ♪

たんぽぽ
たんぽぽ

羽衣の滝まではハイキング感覚だけど、

滝見台へは登山と思ったらいいのね。

さくら
さくら

あっ!そうそう帽子も忘れないでね。

スズラン
スズラン

おお!!帽子ね!

帽子で夏の暑さも防止だね。

たんぽぽ
たんぽぽ

・・・・・・・・。

途中、土産物屋、食事処などはありません!!

水分補給の水などは、しっかりと前もって準備して持っていくことをおすすめします。

スポンサーリンク

北海道天人峡 羽衣の滝の後は「御やど しきしま荘」へ

引用:御やど しきしま荘公式HP

羽衣の滝から近いホテルは「御やど しきしま荘」。羽衣の滝から徒歩で、30ほどです。

天人峡温泉のホテルで天然温泉かけ流しのお風呂でさらにリフレッシュしませんか?

「御やど しきしま荘」の詳しい情報はこちら→じゃらん

「御やど しきしま荘」の詳しい情報はこちら→楽天トラベル

  • 【温泉】:大理石・総檜造・石造りの3種類
  • 【部屋】:展望檜風呂付特別室・和室
  • 【料理】:しきしま膳・華膳・羽衣膳(会席風料理)
  • 【料金】:朝食付 5,000円~ 夕朝食付 6,500円~
  • 【アクセス】:国立公園入口より無料送迎バス有(要連絡)旭川駅・旭川空港より「いで湯号」にて国立公園入口で下車
スズラン
スズラン

天然温泉100%のかけ流しのお風呂だって~

さくら
さくら

天人峡温泉の泉質は中性で無色透明。

お湯が空気に触れる黄金色に変化するのよ。神秘的でしょう。

スズラン
スズラン

色が変わるって、不思議だね

湯冷めしにくくて、美白効果も期待できるんだ~。ふむふむ。

たんぽぽ
たんぽぽ

ねぇねぇ!!

御食事も、和食会席料理中心で美味しそうだよ

さくら
さくら

もちろん!!

しかもね、お食事処「渓流庵」からは天人峡峡谷が一望できるの!

景色もごちそうね♪

「御やど しきしま荘」の詳しい情報はこちら→じゃらん

「御やど しきしま荘」の詳しい情報はこちら→楽天トラベル

スポンサーリンク

まとめ

  • 羽衣の滝は北海道最大の落差の滝です。
  • 羽衣の滝は天人峡温泉から徒歩で散策しながら行くことが出来ます。
  • 羽衣の滝はたっぷりの水量でマイナスイオン効果でリラックスできます。
  • 羽衣の滝の帰りに御やど しきしま荘で温泉三昧。

遊歩道を散策しながら、羽衣の滝を目指し、滝見台から壮大な落差の滝を見てください。自然の水の音、水しぶきのマイナスイオンが安らぎが感じられると思います。

天人峡温泉「御やど しきしま荘」でゆっくり手足を伸ばして温泉に浸かり、疲れを癒してみてはいかがでしょうか?

《さくらの羽根オリジナル特集》

北海道札幌市厚別区。札幌の副都心とも言われている「新さっぽろ」がおすすめです。その「新さっぽろ」にあるカラオケ屋さん。

カラオケ屋さんなのに、カラオケ屋さんらしくない!とっても楽しい「カラオケピロス」の特集ページです♪

カラオケピロス特集ページ

スポンサーリンク

北海道観光協会公式サイト

道南エリア

道東エリア

コメント