北海道の雲海シーズンはいつから?おすすめの穴場スポット紹介!

絶景

北海道雲海が数年前から人気になってます。実は私はまだ、見に行ったことがないので今年こそは見に行こう!と毎年思いながら行けていません。同じように考えてらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

もし、雲海をみるために旅行を考えている方がいるのでしたら、先にお伝えしておきたいことがあります。それは、いつでも見られるわけではない。ということです。シーズンがあるんです。

では、いつから見れるようになるか知っていますか?今回は、雲海のシーズンと人気の名所で混雑して見れなかった!ということのないように、穴場スポットもご紹介します。

北海道の雲海シーズンはいつから?

その年の気候によって変わってきますが、一般的には5月から始まるといわれています。雪のない季節ということですね。つまり・・・5月~10月頃まで!!と、いうことになります。

その年の気候によって違うので、少し幅広ろめな期間でお伝えしてみました!実際の見ごろとしては、6月~9月が良く見れるみたいです。観光としては、大人気の季節!

たんぽぽ
たんぽぽ

意外と期間は長いんだね~

でも、いつ行っても見られるわけじゃないんでしょ?そんなようなこと言ってたよね?

ひまわり
ひまわり

でもさ~。

もしそうなら、期間が長くてもいつ行ったらいいのかわからないよね。

確かに、必ず見れるわけではない。と思うと、いつ行けばいいのか不安になりますよね。私も、そう思うと腰が重くなってしまって、行きそびれてしまうんです。しかも、どんな時に見れるのか、整理出来ていないのです。

そこで!今回はこれを機に、調べました。その条件を簡単に説明したいと思います!これで、見逃すこともなくなると思うと、私も見に行けるかもとワクワクします!

北海道の雲海見られる条件は?

◆雲海の条件

  1. 春や秋など比較的、気温が低い季節。
  2. 地面の水蒸気が冷えて、上空の空気の流れもないこと。(つまり、霧が出来やすい状況)
  3. 早朝(夜明け頃)が多い(1、と同じく気温が低いことが考えられます)
  4. 前日と当日の早朝の気温差があると期待できる

すっごく簡単に4つにまとめてみて、わかったことがあります。これって、条件があうことを祈って行くしかないんじゃない?っていうくらい天気任せな感じですよね。でも実際、6月~9月までは条件が揃いやすい時期です。

さくら
さくら

簡単にいうと、雲海というのは山の上から見られる大きな霧の塊。それが、山の途中でとどまっている。という感じでしょう。

霧もしくは雲が発生しやすい状況が、気温が低くなっている時や前の日との気温差がある時で、そういう時に見える確率が高くなるんだと思います。

たんぽぽ
たんぽぽ

そっか。霧の塊ね~。

じゃあさ、霧が多い釧路とかは?摩周湖とか霧がすごいっていうじゃない?

残念ながら、釧路は海沿いなので山から見下ろしてみることが出来ない。なので、雲海を見ることは難しい。ただ、霧に包まれやすいというだけなんです。

釧路は基本的に、海が近いので気温が低くなりやすいから、地面の水蒸気も冷える事が多いのかもしれませんね。でも、そう考えてみると摩周湖がいつも霧がかっているのは、納得できるような気がします。

さくら
さくら

前に釧路に行った時、夏(お盆)だったけど釧路駅前にうっすらと霧がかかっていました。そして、本当に夏?と思うほど寒かったです。

雲海の名所は山や峠の標高が高いところが多いと思います。でも条件が揃っていないと、逆に山全体が霧に包まれちゃうこともあります。(山が雲の中に埋もれちゃう?)そういう時は山や峠が摩周湖状態になって真っ白ということですね。

雲海の条件や場所を考えてをみると気温が低いというのはわかります。時間帯も早朝に見られることが多いようなので、短時間でも風邪をひかないように暖かい服装で見に行きましょう!

さくら
さくら

ヒートテックは必需品ですね!

もしくは、上に羽織れるカーディガンや少し厚手のストールがあるといいかもしれませんね。念のため、カイロの準備も!

北海道の雲海おすすめ穴場スポット

先ほどの条件を見ていろいろ考えてみると、全国的に見ても雲海は山岳地帯が多いことになりますよね。北海道の山岳地帯で、さらに雲海の条件を考えた結果、私がたどり着いたのは、北海道の東側「道東」でした。

実際、人気スポットの十勝のトマムも一応、道東に入るのでちょっと自信持ってます。道東というと、「どこ?」「東側って端っこじゃん」みたいに思われるかもしれませんが、北海道の真ん中にある十勝連峰(大雪山)から東側にあたる地域になります。

たんぽぽ
たんぽぽ

それって、広すぎない?

そうなんです。実は道東は、かなり広いんです。網走や北見も道東に入るくらい広いんです。そして、十勝連峰付近や霧が発生しやすい地域になります。

さくら
さくら

十勝連峰は、標高も高いので雲海にはピッタリの条件ですよね。

人気が出るのもわかる気がします。

有名スポットの雲海テラスでは、人気があるため混雑していることもあるようです。そこで、ゆっくり雲海を楽しみたい方のために穴場を見つけてきました!

◆雲海をゆっくり堪能できる

  1. 美幌峠(道の駅にもなっている人気の場所)
  2. 津別峠(絶景を楽しめる隠れた名所で最近人気が出てきている場所)

道東の絶景も一望できる 美幌峠展望台

北海道網走郡にある美幌町と弟子屈町の間にある峠です。美幌峠は標高は低めですが、峠のすぐ下にある屈斜路湖が見えるだけでなく、実は北海道の自然を一望できる絶景スポットです。晴れていた時の景色は、北海道三大絶景に入るとまで言われています。

さくら
さくら

美幌峠という名前の歌もあるんですよ~

昭和の歌姫と呼ばれたあの超大物有名人の歌です。歌詞が石碑になっていたり、歌も流れています。それを見るだけでも価値があるような気がしてきます。美幌峠も霧が多く、晴れていることが少ないと言われています。でも、それが雲海の穴場スポットになっている理由でもあります。

たんぽぽ
たんぽぽ

霧が雲海になることがあるってこと?

さくら
さくら

正解!!

偶然だけど、休憩するためにたまたま峠に停まったら偶然、「雲海が見れた!」と知り合いから聞きました。

美幌峠には雲海チャンスがあるいうことです。

さくら
さくら

私は8月に行ってきましたが、予想以上に霧がひどくて雲海どころか摩周湖状態で周りは何も見えないくらい真っ白でした。

かろうじて、美幌の特産品でもある熊笹は見れるくらいの霧でした。

美幌峠へ行ってきた体験談をまとめてあります。詳しくは、こちらをご覧ください。

美幌峠展望台から見える湖と大自然の絶景を体感してきた!【体験談】
峠から見える絶景を見たかった事と、あげいも目当て美幌峠展望台に行ってきました!子供の頃(30年くらい前)に美幌町に住んでいた頃、プチ旅行で峠に連れて行ってもらった時に初めて食べた、あげいもの味が忘れら...

道の駅にもなっている美幌峠

美幌峠は、長距離ドライバーさんたちの憩いの場となっていたり、昭和の歌姫効果と晴れていた時には絶景が見えるということで、人気が出てついに道の駅になったくらいです。寒くなってきたら道の駅の中で北海道産の揚げたてほっかほか~のあげいもを食べて温まってください。

ちなみに、私の中での記憶が確かであれば・・・中山峠よりも先に美幌峠の方が先にあげいもを売っていたような気がします。けっこう大きめのじゃがいもが3つも串に刺さってますが、1個ずつでも買えるので食べきれる分だけ買うことも出来ます。

たんぽぽ
たんぽぽ

小さな子供や少食の人には1個ずつ買えるのはありがたいよね。

じゃがいもって、けっこうお腹にたまってくるからね。

そうなんですよね。美味しいにおいに釣られて、つい3つの串で買ってしまうんですけど、1個半くらいでお腹いっぱいで残しちゃったりします。みんなで分け合って食べるか、1個で買うか。どちらかにするのがベストだと思います。

あげいももおすすめですが、やっぱり雲海を楽しみに行ってほしいです。もし、晴れていても絶景が楽しめるので、一度は行ってみてほしい場所です。

密かに人気上昇中 津別峠展望台

北海道網走郡にある津別町と弟子屈町の間にある峠です。ここからも屈斜路湖や道東の景色を見ることが出来ます。美幌町と津別町はバスで行ける距離なので、隣町になります。

さくら
さくら

どっちも網走管内の峠で屈斜路湖にも近いけど、また違った雰囲気があってどっちの景色も人気があります。

屈斜路湖や周りの山を景色を眺められるのですが、道の駅があるわけでもないので、まだ多くの人に知られていない隠れスポットです。

そして、少し高い峠になるので雲海チャンスの隠れスポットとして少しずつ口コミなどで一部の人たちに広まってきています。霧がかかっていることが多いのですが、雲海チャンスは高いかもしれないので、今がゆっくり見れるチャンスだと思います。

さくら
さくら

トマムのように人気殺到となる前に見に行ってたっぷり雲海を堪能してみてください。

展望台があるのでゆっくり見れると思いますが、寒さ対策はしておいた方がいいと思います。

たんぽぽ
たんぽぽ

2ヵ所とも近いなら、どっちも行けるかな?

もし、見れなくてもあげいも目当てに変えようかな。

雲海スポットとしては、どちらかというと津別峠の方が人気が高まってきています。私としては、せっかくなのでいろいろ楽しめる美幌峠も捨てがたいですが、実際には観光目的に合わせてどちらに行くか決めてみてくださいね。

北海道の雲海 まとめ

  • 北海道の雲海シーズンは5月から。雪が降るまでの10月頃まで。
  • 雲海を見るには条件がある。
  • 雲海が見られる条件は道東に多い。
  • 美幌峠と津別峠は今が狙い目!

雲海シーズンが、5月から始まるなら運が良ければゴールデンウイークに見ることが出来るかもしれませんね。

実際には、夏に見たという方もいますし、春より秋の方が見れるという方もいます。夏の暑い日に雲海の見れる道東で避暑というのもいいかもしれないですね。

絶景
スポンサーリンク
さくらのフォローもよろしくお願いします。
スポンサーリンク
さくらの羽根

コメント