さくらの羽根オリジナル企画 新さっぽろ「カラオケピロス特集!」
【道央エリア】 札幌・石狩・千歳(石狩地方)

【立川こしら師匠】新さっぽろカラオケピロスでzoomを使ったネット落語に参加してみた!

【道央エリア】

今、全国的に活動している人気の落語家。

立川こしら師匠が、札幌で新しい落語スタイル「ネットライブ配信」をされる。

という情報をGETして、参加してみました。

実は、落語は動画でちらりとみたり、テレビで見たりする程度で会場に行った事はありません。ずっと行ってみたかったけど、なかなかタイミングがあわず・・・。

ちょっと諦めモードになっていた時、Twitterで見かけた立川こしら師匠のネットライブ配信!迷わず、申込をしました!!

ネットで見るから、自宅でも見れる。

この気軽さが決め手です!

予約したはいいけれど、当日になって行けなくなる心配がない。余計な音が入らないように気をつけていれば、どこでも参加できる。

こんなチャンスはないだろう!となんの迷いもありませんでした。

一度聞いたら、その魅力にハマってしまうと言われている「立川こしら師匠」の寄席。ネットライブになると、どうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

【立川こしら師匠 独演会】世界初!ネット落語に参加してみた!

寄席というと、会場に行って他のお客さまも一緒にお噺を楽しむ。世界観を楽しむ。

そんなイメージがありましたが、そのイメージをくつがえす新しい落語スタイル!それが、ネットライブ配信なのでしょう。

目の前にお客様いない。でも、笑いは届く。

その不思議な世界観を、実際にライブ配信に参加して体験してみました!!

1席目:青菜

青菜は、夏のお噺。

師匠からは、「夏の風景を思い浮かべながら聞いてください。」と一言。さっそく、テンポよくお噺が始まりました。

最初は、ふむふむ。と、聞いていたのですが噺が進むにつれて、どんどん惹き込まれました。特に後半・・・というか最後ですね!

最後の最後に、このお噺の世界観をどーんとぶつけてくるような力強さ!!

これが、リアルな落語か。と、圧倒されました。

さくら
さくら

正直、笑うというより圧倒され過ぎて魅入ってしまいました。

一瞬も見逃したくない。聞き逃したくない。

そんな感じです!!!

そして、時間的にもう難しいかな?とおもっていたのですが、そこはさすが師匠!というべきでしょう!時間を延長してまで、2席目もお噺してくれました!

2席目:道具屋

道具屋は、ちょっとおバカでダジャレ満載のお噺。

もう~最初から笑い満載でした!

青菜の時とは違った表現で、お噺の主人公である「与太郎」の魅力を最大限引き出している。表情や声、話のスピード。登場人物に合わせた表現が出来るって、素晴らしいですよね♪

しかも、めちゃくちゃテンポが良い!

なんて、切り返しがうまいのだろう。

さくら
さくら

私は、少ししか落語の世界をしらないけれど、こんなに表現力のある落語家さんっているかな?って、思いました。

こしら師匠だからこそ、作り出せる世界観。それが私のように落語をあまり知らない人でも楽しませてくれる。

そして本当にすごいなって思ったのが、会場となってるカラオケピロスを噺に織り交ぜてくる柔軟さ!!

さくら
さくら

名物のピロザンギをさらっと宣伝。

「なんて、粋な人なんだろう」と心を奪われました!

会場の雰囲気

会場は、「カラオケピロス」

でも実際には、みんなネットで繋がっているだけ。画面の向こう側。

だけど、最初からみんなとても楽しみにしているんだなっていうのが、めちゃくちゃ伝わりました。開演前から、笑いが止まらない。

師匠の言葉に、反応せずにはいられない!

という雰囲気で、画面の向こう側なのにとても身近に感じられました!リアルタイム配信だからこそ、臨場感?みたいな感じです。

でも、こしら師匠もとても楽しみにしているからこそ、参加しているみんなに「お願い事」がありました。

こしら師匠からのお願い事

師匠からのお願い事は、2つだけです!

さくら
さくら

とっても簡単な事。

だけど、お客様としては難しいかもしれないです。

こしら師匠の世界観。師匠が大切にしている世界観を、みなさんも大切にしたいと思っているはず!!

師匠が何度もお伝えしていた事を、この記事でもお伝えしたいと思います。

①ライブ配信中は、「笑い」以外の音が入らないように!

スピーカーの音量調節などをして「ハウリング」が起きないようにしてほしい。と、言っていました。

今回は、会場が「カラオケピロス」という事もあり、師匠とは別室のお部屋でライブを楽しんでいる方もいました。

  • そのお部屋にあるスピーカーが反応してしまったり。
  • 隣にいる人の音声を拾ってしまったり。

色んな事が原因で「ハウリング」が起きやすくなっていたようです。

「笑い」だけを師匠にお届けするためには、参加者の協力は不可欠。

なので、イヤホンマイクを使ったり、音量を下げるなどの配慮は必要かなって思いました。

②「笑い」以外の声はいらないよ!

あくまでも、寄席。なので、「笑い」が欲しい。

ネットで相互音声配信にして、どれだけ「笑い」を体感できるか。という事なので、師匠のお噺に相づちや返事は不要。という事でした。

お客様としては、いつも通り反応しているだけ。なのでしょうが、スマホやタブレットのマイクの性能はかなり高いです。

けっこう、小さな音も拾ってしまうんですよね・・・。

そして、聞こえているのは師匠だけではなく参加者全員に聞こえているのです。

さくら
さくら

「プライベートな会話」や「小さなひとり言」も聞こえちゃう。

だから、本当に気をつけた方がいいかもしれないなって思いました。

ライブ中に余計な音が入りそうになったら、その時だけミュートにする。など、臨機応変に対応した方がいいかもしれません。

例えば、

  • ペットの鳴き声
  • 家族の会話
  • 本をめくる音
  • 何かを食べたり、飲んだりしている音

なども、聞こえてくることがありました。

音がお噺のじゃまになっちゃう環境にいない事がベストです。でも、それって難しいと思うので、ミュート対応で頑張っちゃいましょう!

さくら
さくら

ちなみに、私はライブ中に焼き芋屋さんが近くに来ていたので、いなくなるまでミュートにしていましたよ♪

こしら師匠の魅力とは?

「こしら師匠」の魅力は、師匠という人そのものだと思います。

  • 顔の表情
  • 体の動き
  • 声の使い分け
  • 自分の体、全部を使って表現
  • ネガティブな事をポジティブに変える発想力
  • 落語の世界観を大切にしている
その演目に出てくる登場人物が、本当にそこにいるのではないか?

と、思わせるだけの世界観を作り出してくれます。

さくら
さくら

噺の世界観を作り出す、魔術師のような方です。

見ている側・聞いている側は、とても楽しい♪♪

「寄席の世界観・お客様と一緒に作り出す空間」をとても大切にしている。だからこそ、ネット落語を思いついたのだそうですよ!!

あえて、「ネット配信で、相互音声あり」の寄席をやってみる。

ネットでもお客様の「笑い」が、どこまでリアルに体感出来るか!落語の楽しみ方の幅を、かなり広げてくれたと思います。

今回は、「初めての試み(世界初)」という事もあり、音声は笑いのみにしてほしいという説明や参加者の確認など。なんやかんやと30分くらいかかってしまいました。

なので、師匠のお噺は2席。

2席と言っても、噺の内容からすると師匠が使うエネルギーは相当なものだと思いました。

こしら師匠の魅力をまとめると・・・

  • 表情・声など、体を全部を使って表現!!
  • 噺家さんというより、表現者!!
  • アーティスト感!!
さくら
さくら

一度見ると、その世界観に魅入られてしまう。

ハマってしまう♪♪

という事に納得です!!

そして、会場のスタッフさんを始め、お客様への配慮・心遣いも忘れない!

さらっと、「粋」な事が出来ちゃうのも、魅力的でした!

さくら
さくら

最後まで丁寧で、お客様への配慮もある。

とっても素敵な方でした。

こしら師匠のネット落語に、参加する方法はこちらに書いてあります。ネットライブなので、自宅で気軽に楽しめるのでおすすめです♪

スポンサーリンク

【立川こしら師匠 独演会】世界初!ネット落語の日程と会場

【開催日】
2020年3月24日

【開催時間】
19:00~21:00(実際には延長になり、21:20くらい)

【会場】
カラオケピロス
(北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目2-30 ジェムシティビル2階)
詳しくは、カラオケピロスHPへ!!

\\カラオケピロスHPはこちら//

スポンサーリンク

まとめ

立川こしら師匠が初めてチャレンジした、zoomを使った寄席。世界初のネットライブ配信。

今、新型ウイルスの影響でなかなか人が集まるイベントを開催出来ないでいます。また、新型ウイルスが心配で外出が怖くなっている人。それ以外でも、外出が難しい人もいると思います。

そんなネガティブな状況でも、前向きに元気で明るい笑いを。

という、強い思いからネットライブ配信という新しい落語スタイルを思いついたのだと思います。どんな時でも、元気と笑いを。

  • 人のために。
  • 地域のために。
  • 人の繋がりを大切に。

カラオケピロスと同じ想いがある。だから、カラオケピロスで初めてネットライブ配信にチャレンジしてくれたのだろうと思います。

そして、落語のライブ感・世界観を大切にしている。こしら師匠だからこそ、思いついた事で実現出来た事だと思いました。

自宅で気軽に落語を楽しめる。

この新しい落語スタイルを定着させるまでには、もう少し時間がかかるかもしれません。でも、色んな可能性が広がる、とても素敵なチャレンジだと思いました。

参加出来て良かった。私も、これから色んな事にチャレンジしていこうって思えました。

立川こしら師匠!本当にありがとうございました!

コメント